トイレの進化;日本のトイレの歴史は?

実用的なところでは洋便器の歴史から

1914年;初の国産洋便器

1945年;米軍進駐(敗戦日本)のもと下水道整備始まる。

1956年;日本住宅公団が洋式便器を採用。

1964年;東京オリンピックで洋式便器広がる。

1967年;初の国産温水洗浄便座が発売。

1969年;初の国産シート型温水洗浄便座発売。

1975年;都市部で水不足:洗浄水量(大)13リットルに。

1977年;洋式便器の出荷が和式便器を上回る。

1980年;ウオッシュレット発売

1993年;初のタンクレス便器発売。:温水洗浄、暖房便座、温風乾燥、に加え脱臭、ビデ、リモコン付き
      節水洗浄水量8リットルになる。


1995年;自動洗浄便器発売。:
1999年;防汚加工便器発売。

2002年;縁なし便器発売。

2007年;全ての機能に加え温水洗浄は瞬間湯沸し式、便座も瞬間暖房に省エネタイプに変化。
      その上ふた自動開閉、音楽付き、フットライト、健康チェック機能?
      節水洗浄水量は5.5から6リットルへとさらに減っている。自動洗浄機能付き。

トイレ市場はTOTO,INAXが9割がたを占める。

松下電工;ナショナルが独自の開発を進めているのが水垢のつきにくいアクリル樹脂で作る、などトイレ掃除の手間を省くなど一層の開発が進む。開発競争は留まるところを知らない。

  TOTO;最新情報洋便器新発売品!

   INAX;最新情報洋便器新発売品!

    ナショナル;最新情報洋便器新発売品!

ご参考までにたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)ぴかぴか(新しい)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
買取 ブランド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。