大震災がもたらした様々な価値観の転換

今回の震災で建築の設計と言う重大な使命は、一層重い責任が生じてきていると言えます。

地盤の選択問題から始まり、建物の強度は動く地球のエネルギーにはどうする事も出来ない現実が立ちはだかってきました。

私事で申し訳なかったのですが、このブログを始めた頃は私の主人の病状はかなり重く、仕事もままならない状況でしたが、お仲間に助けられてどうにか事務所は成り立っておりました。

平成18年にDBSの手術を受けましてから、意識状態が良くなってきました。それが主人の介護をしながらの仕事の成り立ちが難しくなってきてしまいました。

寝てばかりいる状態と違い、起きて家の中を歩き回ったり、トイレなども頻繁に起きて通う、といった状況が出てきた事で、私は落着いて仕事が出来なくなってきました。

皆様に責任のある情報をお伝えしようと始めたブログでしたが、落着いて良い情報を書くことが出来なくなっておりました。

既にしかしある意味で病状が向上してきた事により主人に付き合って過ごす時間が増えてしまい、設計事務所の仕事は二の次になってしまいました。

設計という責任重大な仕事は介護の片手間に出来る物ではありません。

このブログもしばらくご無沙汰のままでした。

それでも少し心のゆとりが出てきましたので設計事務所は現在閉鎖しておりますが、建築、生活にお役立ち情報を又すこしづつ、発信していきたいな、と思えるようになって来ました。

遅ればせながら今後とも又よろしくお願いいたします。


| 日記
買取 ブランド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。