復元された豊臣秀吉の黄金の茶室が公開されました。

都内デパートで開催中の「黄金の輝き展」で、復元された豊臣秀吉の「黄金の茶室」が公開された。

1587年に秀吉が作らせた移動式の茶室で、幅が2.7メートルで奥行き2.55メートル、高さが2.5メートル。

国立科学博物館(National Science Musieum)の協力で美術品を取り扱う信州ゴールデンキャッスル(Shinshu Golden Castle)が制作した。純金製の茶室と茶道具は3億5000万円相当だという。



秀吉の晩年の欲望を再現した見事な茶室ではあるが、果たして当時の民意は如何に!
と推測してしまいますね。

家康との違いはここから始ったともいえますね。

徳川政権が長く続いた基本は質実剛健な社会を形成していく事で、身分制度が導入された事は今の時代にまで影響が残っている事で、それはそれですごい事ですね。
| 日記
買取 ブランド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。